CMAのご紹介

CMAのご紹介

セントメディカル・アソシエイツ

この度は私ども、セントメディカル・アソシエイツ(以下CMA)のサイトにご訪問いただきありがとうございます。H18年に放射線科専門医の私がこの会社を立ち上げて以来、自利利他(自利トハ利他ヲイフ)をモットーに、今日まで遠隔画像診断を業務の主軸として励んでおります。 昨今、日本の医療における様々な問題が噴出して来ています。 医療過誤、医療崩壊など、安全保障上のインフラであるべき医療を取り巻く環境はこの数年で大きく変化しました。 この様な状況のなか、医療機関および医師、診療放射線技師の先生方、そしてその先にいらっしゃる多くの患者様のために、単なる読影報告書作成業務に留まらない価値を提供いたします。遠隔画像診断を通じ、画像診断および放射線医学の発展に寄与すること、その先でより広く社会に貢献することが我々のミッションと考え、スタッフ一丸となって業務に邁進してまいります。
弊社をご利用していただくことのメリットとして 1,医療者同士による直接的なコミュニケーション 2,多彩な読影スタッフによるほぼ全ての分野の画像診断への対応 ※1 3,最高峰の情報セキュリティ ※2 4,安心できる読影体制と実績 ※3
以上が挙げられ、多くの医療機関様からのご支援を頂いております。 ※1 CT、MRI、PET含む核画像、検診画像(胸部X-p、胃透視、マンモグラフィ、US)などに対応しています。 ※2 医知悟社製システムを中心に構築していますが、適宜、各施設の状況に応じたシステム提案をいたします。 ※3 経験豊富な読影スタッフ、事務スタッフにより、100施設を超える契約医療機関様の読影を日々熟しています。

当社の特徴1

【私たちは「遠隔読影は医療行為である」という大前提を忘れず、読影レポートを返却しています】
遠隔読影会社は医療機関でないため、厳密には医療行為を行えません。しかし弊社は、医療行為に携わるという責任を重く考え、真摯に高品質レポートをお返しする体制づくりを行ってきました。1、実力のある読影医が 2、常に緊張感を持ち 3、良い環境でモチベーションを持ってレポート作成ができる体制は、他社と一線を画しています。
【高品質読影の体制づくり】
■1 質の高い専門医が読影しています
・専門医の登録は全て、紹介制を敷いています。代表が信頼できる常勤医を集め、常勤医が信頼できるドクターを紹介することで拡大してきました。 ・77名のドクターは全てテスト期間を経て、弊社代表医が信頼に足るということを確認した後、弊社の登録専門医となっています。  ・6名の常勤医、77名の専門医に読影を依頼しています(18年7月現在)
■2 専門医に対するガバナンスをきかせ、緊張感を持って読影しています
・代表が放射線科医であることから教育・指導・相談受けを行いレポートの質に対するガバナンスをきかせています。 ・一施設様に対し数名の読影医が専任制で読影を行います。 ・レポートは担当する読影医の間で相互閲覧が可能となっており、双方向チェックが行われるようになっています。
■3 専門医にとって快適なシステムを提供し、良い環境で読影しています ・読影医が自宅で使用する読影システムは一時的なサーバー機能を有しています(個人情報を抜いた形。匿名化して一時保管し、数営業日でサーバーから情報抹消します)。画像を一次的にドクター宅に保管できる仕組みのため、大容量画像も画像飛びが一切なく、さくさくと読影できます。(VPN回線を使用した読影の場合、ドクター宅から病院のサーバーを覗きに行くため、通信速度にムラがあったり、回線が弱い場合に画像飛びしたりする懸念があります)

当社の特徴2

【安心の体制づくりとは?】
レポートに疑義があった際に、事務員が相談を受けるのではなく、専門知識をもった放射線技師が相談を受け回答しています。技師が回答すべき内容でない場合、常勤医につなぎます。ドクター同士で直接、メール・電話等で相談をお受けすることが可能です。
【結果、現在115施設と直接・間接的に取引し、読影を行っています】
これまで積極的な営業活動を行わないながら、病院やクリニックから声をかけて頂き、クチコミで取引が拡がってきました。開業医の先生方から500床以上の大病院、年間読影件数1万件を超える健診センターまで、読影しています。