セントメディカル・アソシエイツLLC

現場に直結した読影を、すべての画像で、すべての地域へ提供

遠隔診断システム

遠隔診断システム

画像診断専門医自身が管理する読影グループ

読影医はすべて十分な修練を受けた画像診断の専門医です。 (マンモグラフィにおいては必ずA判定かつ講習会指導者クラスの認定医師が関わります。) 医師自らが管理することで適切な読影担当、内容評価が可能になります。

遠隔読影における4つの「質」への取り組み

報告書の質
各施設毎に読影の担当制を敷き、各施設からの要望、意見に関して個々にフィードバック。また報告書も読影医によって日常的に検証がなされ、必要に応じて改善を繰り返しています。
対応範囲の質
CT、MRI、核画像、マンモグラフィ、胃透視、X‐P 、超音波画像等各画像の読影に対応しています。フィルムやCD、DVD等のディスクの持ち込みにも対応。
業務運営の質
分野専門のスタッフによる業務管理が行われています。契約に基づく安定した読影業務の遂行を可能にするだけでなく、各施設におけるシステム、セキュリティ対策、精度管理などへの助言等も行っています。
セキュリティの質
オフィスは24時間監視体制の事業専用ビル内にあり、遠隔システムは実績、機能、コストパフォーマンスに優れ、ISO 27001(ISMS)の認証済みの製品を導入。その他各施設により適した別システムにも柔軟に対応。

必要十分なシステムをリーズナブルにご提案いたします。

自施設に見合った 必要十分なシステムを可能なかぎりリーズナブルに導入したい とお考えなら、当社が導入時のコンサルティングを承ります。

  • 導入事例
  • お問い合わせ